探偵を利用すれば離婚は有利になる?

探偵に依頼をしてパートナーの素行調査をしてもらうことで、もし相手が不貞行為を
行っていた場合などはその決定的な証拠を掴むことによって離婚裁判の時に有利になるでしょう。

 

浮気調査ぐらいであれば自分で行うことも可能ですが、
離婚の争いがもつれた時に鍵を握ることになるのは法的に効力のある決定的な証拠です。

 

それがあることで、そもそも裁判になる前の調停の段階で相手側が折れることもあります。
きちんとした探偵事務所であれば裁判の時に使える資料として調査報告書を
調査終了後に渡してくれますし、弁護士事務所を紹介してもらうことも可能です。

 

その場合は初回の相談料が無料になるなど金銭的な負担も少し軽くなったりします。
もちろん何の疑いもないパートナーに対して探偵を雇って調査をしてもらったところで
何かしら離婚に有利になるような情報を得ることができるわけではありませんが、
少しでも怪しい、疑わしいところがあるのであれば探偵を雇うことも選択肢の一つと言えるでしょう。

 

結論として探偵を雇うことで離婚を有利に進めることができると言えます。
しかし、探偵を雇うということはそれなりにお金がかかるものです。

 

なので、調査しても結局意味がなかったということを避けるためにもある程度の段階までは
自分でパートナーの怪しい行動や言動などをチェックしておくといいでしょう。

 

それが実際に探偵に依頼する時の調査材料として有効活用できることもあります。


関連ページ

探偵業の届け出は依頼をする前にチェックしておきましょう
探偵の調査結果はどうやって知らされる?
探偵に何か調査を依頼するとその結果について知らされるものですがそれがどのような形で伝えられるのかについて調べてみました。
探偵社を比較する際のポイント